男性看護師 労働環境

男性看護師にとって改善してほしい労働環境

毎年、徐々にその存在価値が社会認知されてきている男性看護師の存在ですが、まだまだその労働環境につては改善の余地がありそうです。
最近は男性看護師の増加によって、だいぶ改善されてきた仮眠室の問題、それでもすべての医療機関が男性用の仮眠室を整えているとは非常に言い難く、急速な改善が望まれるようです。

 

また、最近出てきたのが夫婦で看護師をしているというケースになります。
看護師のように非常に休日が不規則な職性を持つ職業は、育児休暇というものが非常に取りにくく、夫婦で看護師である場合、それは非常に困難を極めます。

 

この場合、男性にも育児休暇を認めることで、夫婦で休日の分散が可能になり、育児負担の分散が可能になるのです。
育児休暇の問題は、決して1病院の問題ではなく、医療機関全体で統一して制度を導入していくことが、看護師全体の定着率を向上させることにもなります。

 

その他、本当に改善が急がれるのは、看護師の大部分を占める女性の男性看護師に対する意識の変化だということも言われております。